Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダイエット

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://otomenodiet.blog103.fc2.com/tb.php/132-388f83b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

夜食べると太る

▼痩せる!ダイエットブログはこちら▼
夜中に食べると太る。。。
そもそもなぜ夜中に食べると太るのか?

夜18時以降は何も食べないだけっというダイエット方法では
歌手の倖田來未さんが実践し8キロ減に成功していますね。

倖田來未の体型画像
ダイエット成功ランキングはこちら

ダイエットの大敵!魔の時間を知っていますか?


これは科学的に立証されています。

「体内時計を調整している細胞内の「BMAL1」と呼ばれるタンパク質が、脂肪を蓄積する指図もしているらしいことが、日本大薬学部の榛葉繁紀講師らの研究で分かった」
(出典 「朝日新聞」 2005年9月11日)

今までは太るメカニズムは解明されてはいたものの、時間軸を具体的に例にした根拠はありませんでした。
上記が今回初めてみたいです。

「BMAL1は昼夜の生活リズムを刻む体内時計を調整しており、脂肪組織に多く含まれている。午後3時ごろは微量で、午後10時~午前2時に最も多くなる。その差は約20倍にも上る」
(出典 「朝日新聞」 2005年9月11日)

つまり午後3時に沢山カロリーを摂る と 午後11時に沢山カロリーを摂るとでは
20倍以上太りやすいと言う事になるのです。

「榛葉さんらは遺伝子操作でBMAL1を持たないようにしたマウスを利用。このマウスから取った細胞は、栄養過剰にしても脂肪を蓄えなかったが、遺伝子をアデノウイルスを運び屋にして細胞に送り込み、BMAL1を大量につくらせると、脂肪を蓄え始めた」

「脂肪組織に変わるタイプの細胞に、BMAL1の遺伝子を送り込むと、脂肪の合成に関わっている物質の量が増え、BMAL1と同じ日内変動を示すことも確かめた」

「昔から夜食は太ると言われてきたが、その原因が科学的に証明された。ただ、不規則な生活で体内時計が狂った人は、午後3時ごろに食べても太る可能性がある」
(出典 「朝日新聞」 2005年9月11日)

生活リズムがどれだけダイエットに関係してくるかと言う事がわかりますね。
一見、夜、朝逆転している人で、痩せている人と言うのは、それは健康的ではなく
いつでも太り易い環境にいると言う事で結果的にはよくないと言う事になりますね。



ダイエット

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://otomenodiet.blog103.fc2.com/tb.php/132-388f83b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Extra


プロフィール

羊子

Author:羊子
2009年の夏からダイエットをしまくり10kg減量に成功しました。
その時の知識や今現在実践中のダイエットの経過などを記録しています。
自分自身に合うと思うダイエットを見つけてもらうヒントになればと思います!
ダイエットのキッカケはこちら


twitterやってます。

▼参加してます▼
にほんブログ村 ダイエットブログへ
応援宜しくお願いします★


マイミク募集中!

最新記事

QRコード

QRコード

PR

松井呉服店
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。