Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダイエット

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://otomenodiet.blog103.fc2.com/tb.php/202-03061759
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

よく噛めば噛む程痩せる?

▼痩せる!ダイエットブログはこちら▼

食事が早い人、
あまりよく噛まない人結構いるんじゃないでしょうか?

私も早食いの噛まない派です(笑)

ダイエットの事で色々調べていたんですが
やっぱり噛むと言う行為は大切なんだと思いました。

まず噛むとどうなるのか…
脳の中の視床下部という部分は食欲のコントロールに関係しているんですが
そこから分泌される【ヒスタミン】という物質があります。
このヒスタミンは満腹物質をして働きます。

hituzi27.jpg

そこでマウスを使った実験で
食べ物を胃チューブで与えるとヒスタミンが分泌されなかったという結果が!

つまり、【満腹中枢ヒスタミン】を分泌されるためには口から食べ物を
摂ってしっかり噛んで食べる事が必要だと考えられるのです。

口の中で食べ物の舌触りや香、歯ごたえなどを良く味わって
食べる事で脳がちゃんと食べてるんだ!
と認識してくれて、満腹感を得る事が出来るという事なのです。


ちなみに
満腹中枢を刺激するには時間が必要になります。
噛んで食べて満腹中枢が刺激されるのは
15分~30分かかると言われています。
つまり、噛まずに早く食べるというのはなかなか
満腹中枢が刺激されず、食べ過ぎてしまう原因になってしまうんです!!


食事誘導性熱生産(DIT)とは…?
次に説明したいのが、実は食べるという行為にもカロリーを使ってると
いう認識はみなさんありますか?
食べる=カロリーを摂る
確かにそうではあるのですが、
食事すると体が暑くなる事がありませんか?
これは食べ物を消化・吸収する時に体がエネルギーを発散するからで、
この熱のことをDITと呼びます。

つまり食事をする時には熱を生産しているという事。
良く噛めと消化活動が活発になって体温が上昇しやすくなるということです。

目安は…?
一回口に入れたものを飲み込むまで30回程噛むのがお勧め!
食べるという行為は本来、味や舌触り、歯ごたえ、温度など情報を
脳に伝えるという行為なのです。


食べてる間を噛むことを意識しすぎるのは面倒なことなので
『よく噛まないと!』っと考えるより
口に入れた食べ物の味をしっかりと味わうという考え方なら
少しは多く噛むようになるかもしれませんね。

私の場合は、自分でご飯を作る場合は、
素材そのものは大きめに切って食べるようにしています。
小さい粒とか細かいものだとほとんど噛まずに
飲み込んでしまうのでその予防です。

一度自身の食事の仕方を見直すのもダイエット成功に一歩かもしれませんね!


ダイエット

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://otomenodiet.blog103.fc2.com/tb.php/202-03061759
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Extra


プロフィール

羊子

Author:羊子
2009年の夏からダイエットをしまくり10kg減量に成功しました。
その時の知識や今現在実践中のダイエットの経過などを記録しています。
自分自身に合うと思うダイエットを見つけてもらうヒントになればと思います!
ダイエットのキッカケはこちら


twitterやってます。

▼参加してます▼
にほんブログ村 ダイエットブログへ
応援宜しくお願いします★


マイミク募集中!

最新記事

QRコード

QRコード

PR

松井呉服店
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。