Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダイエット

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://otomenodiet.blog103.fc2.com/tb.php/203-bd3516ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

痩せる成分

▼痩せる!ダイエットブログはこちら▼

ちょっとだけ専門的なお話でも。。。
ダイエットを始めるようになって、いつのまにか成分とか無意識で気になるようになりました。
私がいつも気にしている成分を少しご紹介。。
結構こういうのも大切だと思いますよ!!


代謝を促進、体脂肪を燃えやすくする食材

唐辛子の辛味成分カプサイシン
アドレナリンを刺激し、脂肪細胞から脂を血中に出しエネルギーにしやすくする成分。
中枢神経を刺激してアドレナリンというホルモン分泌を促します。
運動した時と同じ様にエネルギ-を消費するのが特徴です。
また、毛細血管を収縮して心臓の働きを活発にしますが、血圧の上昇作用があまりありません。

L-カルニチン(肉類)
脂肪分解酵素・リパーゼを産出し、脂質代謝をより活性化させる成分。
脂肪が燃焼するのに必要なリパーゼという酵素を作るカルニチンです。
さらに脂肪酸を効率よく筋肉細胞内のミトコンドリアという成分を運び
持久力をアップさせる働きがあります!
主にラム肉や牛肉といった肉類に多く含まれています。

共役リノール酸(ゴーヤ)
脂肪を蓄えずに分解しようと働く不飽和脂肪酸成分。
食べた脂肪分を分解て脂肪細胞に蓄えようとするリパーゼの働きを低下させる効果があります。
さらにすでに蓄えられている脂肪を分解するホルモン感受性リパーゼを活性化させます。
体脂肪を効率よくエネルギーに変えてくれる頼もしい脂肪酸です。

にんにく成分スコルジニン
基礎代謝を高めて体脂肪の分解を進める成分。
新陳代謝を促進して血行を良くし、体脂肪の蓄積を防ぐ働きがあります。
コレステロール値、中性脂肪値を下げる効果があります。

ビタミンB群(豚肉・卵など)
糖や脂肪の燃焼に必要なビタミン成分。
砂糖やデンプンなどの糖質を分解してエネルギ-に変えるのに必要なビタミン。
脂肪をエネルギーとして燃やして、効率的に使おうとする働きがあります。


糖質や脂質などの吸収を阻害する食材

黒豆イソフラボン
脂質の代謝を促すレシチン・血中のコレステロールを減少させるイソフラボン・抗酸化成分のアントシアニンの総合効果で、優秀な健康食品
血管中のコレステロールや中性脂肪を溶かして血管の余分なコレステロールを除去するレシチンが含まれている。活性酸素からからだを守るサポニンは、生活習慣病の予防に効果的。黒い色素にはポリフェノールとして抗酸化作用のあるアントシアニンも含まれており総合的に健康な体へと導いてくれる。

大豆サポニン
脂肪の吸収と合成を防ぐ
栄養を吸収する小腸の絨毛は、太ると肥大しやすくなるのだが、大豆サポニンはこれを正常に戻して余分な脂肪や糖分の吸収を遅らせる働きがある。すい蔵から分泌される脂肪消化酵素に働きかけ、腸内での脂肪吸収を減らしてくれる。また、肝臓での脂肪合成を妨ぐ効果もある。

ポリフェノール(赤ワイン・ウーロン茶など)
脂肪の生成を抑え、脂肪分の吸収の抑制し、排泄を促進する
カテキン・タンニン・フラボノイド・アントシアニンもポリフェノールの仲間。
体内の中性脂肪を分解する酵素の働きを活発にする働きがある。脂肪分が胃や腸から吸収される前に、吸着して体外に排泄するため、脂肪が吸収されにくい。
活性酸素による害を防いだり、動脈硬化を抑制する効果もある。
・ポリフェノールを多く含む食品
赤ワイン・ウーロン茶・ブルーベリー・りんご・納豆など

青魚に含まれるEPA
肝臓での脂肪合成を妨げ、血液中の中性脂肪を低下
肝臓での脂肪合成を妨げ、血液中の中性脂肪値を下げる効果のある不飽和脂肪酸。他にも、血小板の凝固を防ぎ血液をサラサラにする作用がある。
・EPAを多く含む食品
ハマチ・イワシサンマ・ブリなど

食物繊維
糖より体脂肪の燃焼を優先させ、腸での脂肪吸収を抑制する
食物繊維を摂取すると脂肪の燃焼が持続する効果があることが分かってきた。食物繊維により、糖分よりも体脂肪を優先して燃焼させようとする短鎖脂肪酸が腸内で働くため。
小腸で糖分や脂肪の吸収を抑制し、血糖値の急激な上昇を防いで脂肪合成を抑制する。また、エネルギーにならない食物繊維をたくさん食べることで満腹感が得られ、摂取カロリーが抑えられる。。
・食物繊維を多く含む食品
わかめ・ひじきなどの海藻や、キャベツ・レタスなどの野菜

白いんげん豆
糖の吸収をブロックするアルファアミラーゼインヒビター
糖質を分解するαアミラーゼという酵素の働きを阻害する。吸収されなかった糖は体外に排出されるため、高炭水化物な食事をしても太りにくくなる。ただしαアミラーゼインヒビターは熱に弱いので調理の際には要注意。

菊イモ成分イヌリン
胃や腸で糖質と脂肪の吸収を妨げる
菊イモの主成分であるイヌリンは、吸収されにくい多糖類。胃や腸で消化吸収されないため、どろどろの繊維質となり、胃や小腸の面を覆って炭水化物の吸収を妨げる。十二指腸では、脂肪の消化吸収にかかわる胆汁酸と複合し、脂肪の吸収を妨ぐ。

ダイエットしてる人は結構聞いた事がある成分多いと思います!





ダイエット

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://otomenodiet.blog103.fc2.com/tb.php/203-bd3516ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Extra


プロフィール

羊子

Author:羊子
2009年の夏からダイエットをしまくり10kg減量に成功しました。
その時の知識や今現在実践中のダイエットの経過などを記録しています。
自分自身に合うと思うダイエットを見つけてもらうヒントになればと思います!
ダイエットのキッカケはこちら


twitterやってます。

▼参加してます▼
にほんブログ村 ダイエットブログへ
応援宜しくお願いします★


マイミク募集中!

最新記事

QRコード

QRコード

PR

松井呉服店
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。